オススメのおまとめローンはこちら!

消費者金融系のキャッシングの利率について

消費者金融系のキャッシングについて間違った捉え方をしている方が多いような気がしています。

つまり、消費者金融系のキャッシングは利率が高いと思っている方が多いような気がするのです。

実はこれは正解で銀行系のキャッシングと比べると利率は高くなっています。利率が高くなっている分だけ銀行系のキャッシングにはない審査にかかる時間が早いですとか、それによって即日借入可能などというメリットもあるのですが、利率が高いということは事実です。

ただ利率が高いとは言っても2倍も3倍も高いわけではありません。使い方によっては利息をとても安く抑えることも可能なのです。例えば、急な出費が重なりお金が足りなくなり、給料日前にアパートの家賃として5万円を借りて、それを一週間で全額返済したとします。

このときの借入利率を18%として利息を計算しますと利息は約173円となります。このくらいの利息であれば負担が大きいと感じる方はそう多くはないのではないでしょうか。銀行系のキャッシングよりも利率は若干高くなっていますが、使い方に気を付ければ消費者金融系のキャッシングでも利息を低く抑えることはできるのです。消費者金融系のキャッシングについての皆さんの理解が少しでも深まることを願いたいと思います。


このページの先頭へ